障害ある方の就労支援をしています。障害・福祉サービス事業所です。

いかるがの郷

 

>
新着情報

新着情報

  • 2023/10/23 あやべ人権フェスタ2023が開催されました!

    8月11日、綾部市のⅠ・Tビルであやべ人権フェスタ2023が開催され、同和問題がテーマとなっている映画、『破戒』が上映されました。

    当法人からは8名が参加し、過去から現代まで連綿と続く差別の歴史を知る良い機会になりました。


  • 2023/07/14 あやべの作業所を育てる会にぜひご入会ください 年会費1,000円

    7月12日(水)、綾部市保健福祉センターで、令和5年度あやべの作業所を育てる会(以下:「育てる会」)総会が開催されました。令和4年度の事業報告・会計報告・監査報告に続いて、令和5年度の事業計画・当初予算が提案され、いずれも承認されました。

    「育てる会」は、綾部共同作業所が開設した昭和55年の翌年に結成され、以来、綾部共同作業所に対して財政的支援をしていただいています。職員2名、利用者7名で始まった共同作業所は、現在2法人(社会福祉法人綾部福祉会・特定非営利活動法人自立支援センターいかるがの郷)5作業所に発展し、合計で約180名の障害のある人たちが在籍しています。
    運営費は、行政から実績に応じて支払われる「訓練等給付費」が中心ですが、施設の修繕やグループホームなどの新規事業、障害に応じた支援の充実、工賃向上のための機械導入などのためには、財政的支援が必要となります。また、ほとんどの作業所が定員を超えた現利用者数となっており、追加的な施設整備の必要性も生じることが考えられます。
    市民の皆様にはこのような事情をお汲み取りいただき、ひとりでも多くの皆様にご入会いただきますようお願い申し上げます。7月に綾部市自治会連合会様のご協力で、「『育てる会』入会のお願い」を自治会全戸配布していただいています。どうか、この機会に、ご協力を賜りますよう心からお願いを申し上げます。


  • 2023/06/01 第57回障害者ふれあい広場「スポーツ・レクリエーションフェスティバル」開催!

     5月28日(日)、京丹波町の丹波自然運動公園で、第57回障害者ふれあい広場「スポーツ・レクリエーションフェスティバル」が開催されました。

    いかるがの郷・ゆらがわの郷からは3名の利用者が参加し、フライングディスク投げや宝くじ競争、玉入れ等で大いに盛り上がりました。
    今年は体力測定にも参加し、垂直跳びの測定や、片足立ちでバランスを保つ時間を計測しました。握力測定では利用者の握力が強く、スタッフから「強いですね」と声をかけられました。


  • 2023/05/08 新型コロナウイルス 感染症 今後の対応について

    5月8日(月)、新型コロナウイルス感染症の感染症法における位置付けが、第2類から第5類に変更されました。いかるがの郷・ゆらがわの郷には、障害の関係で基礎的な体力が十分ではない方、基礎疾患(生活習慣病等)のある方が在籍しておられることから、引き続き感染防止を図るため、国・京都府・綾部市の通知、助言等に基づき法人で対応方法を定めました。

    厚生労働省の通知によりますと、発症後3日間はウイルスの排出量が非常に多く5日間経過後は減少するといわれています。特に発症後の5日間に他人に感染させるリスクが高いことから、利用者・職員本人が感染した場合、同居のご家族が感染された場合は、6日間の自宅待機をお願いしています。
    さらに事業所内や送迎車両においては、当分の間、下記の通りの対応をさせていただくことと致しましたので、今後ともご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
    ①事業所建物内でのマスクの着用は継続。施設外作業等では職員が密集の程度を判断し、マスク着脱の助言を致します。
    ②従来通りの手指アルコール消毒については継続して行います。
    ③体温測定により、37度以上の発熱がある場合は、利用を控えていただくようお願いすることがあります。
    ④アクリル板の設置は継続して実施します。
    ⑤送迎車輛内での消毒・換気は継続します。送迎利用者の感染が確認された場合、抗原検査等により判断し、利用を控えていただくようお願いすることがあります。

  • 2023/04/10 工賃増額を目指して、作業大募集中!この作業、いかるがの郷・ゆらがわの郷でできるかも!

    いかるがの郷・ゆらがわの郷では、利用者の工賃増額を目指して、障害のある人たちでも取り組むことができる作業を大募集しています。

    ちなみに得意技は、ダイレクトメールなどの封入・封かん作業、宛名シール貼付け作業、折加工作業。数十件の小ロットから、6万件以上の作業をこなしたこともあります。同窓会などのご案内の印刷とあわせて、封入・封かん・郵送までお受けしています。

    また、その他にも、簡単なねじ等の検品作業、機械で加工する前の部品・材料をトレイに並べる作業、ミシンで作った布製品の表・裏をひっくり返す作業、長いひもを決まった長さに切断する作業などの「内職」・「下請」の作業も受注しています。

    いただいたご注文による売上げは、経費や仕入れを除いて、全て利用者の作業工賃となります。障害のある人たちが生産活動を通じて、社会参加することができ、いきいきと暮らすことができるようになります。

    どうか、「この作業、いかるがの郷・ゆらがわの郷でできるかも!」と、いう仕事がありましたら、いかるがの郷(☎40-5388)、ゆらがわの郷(☎45-3820)までご連絡ください!

    Tシャツやエコバック、クッションなどの印刷も承っています。

  • 2023/04/06 お気軽にご相談ください。就労生活支援センターいかるが

    就労生活支援センターいかるがでは、障害がある方のあらゆる相談に応じ、助言やサービス利用のお手伝いをします。

    綾部市内には4つの支援センターがあります。
    社会福祉法人綾部福祉会の生活支援センター「えがお」は4つのセンターの中核的な役割を担い、各センター間の調整をし、子どもの相談も多く担当します。綾部市社会福祉協議会のあやべ生活サポートセンターは権利擁護や成年後見制度の活用される相談を中心的に担います。いこいの村の綾部市聴覚言語障害者支援センターは聴覚言語障害者に対し、くらしのサポートをします。そして就労生活支援センターいかるがは就労を目指す方の相談を中心的に担います。
    就労生活支援センターいかるがでは、就労に関する相談が多いですが、ここ数年は緊急支援や経済面の相談も多く、幅広い支援ができる力をつけることが課題と感じます。
    各センターは主に担当する分野を持ち、支援にあたっていますが、お互い連携し、必要に応じてより関連の強いセンターに引き継いでいきます。安心して、困りごとなどがあればお気軽にご相談ください。

  • 2023/04/05 令和5年度、年度開始式を行いました!

    4月3日(月)、いかるがの郷とゆらがわの郷で、令和5年度の年度開始式を行いました。

    いかるがの郷では、4月から新しい利用者が1名加わりましたので、新規利用者紹介を行いました。利用者代表の村上さんが、「新しい年度になり、新しい仕事も入ったので、皆さん協力していきましょう」と挨拶をしました。
    ゆらがわの郷では、利用者代表の土田さんが、「仕事を頑張ります。あと木曜日の取り組みも参加して、楽しくしたいです」と挨拶をしました。
    いかるがの郷・ゆらがわの郷の利用者と職員共々、今年度も日々一所懸命に作業に取り組み、イベント等も積極的に取り組んで参ります。今年度もよろしくお願いいたします。

     

  • 2023/02/22 あなたの笑いが春を呼ぶ  第19回あやべ寄席

    2月19日(日)、綾部市I・Tビルで、第19回あやべ寄席が開催されました。綾部ローターアクトクラブ、認定NPO法人あやべ福祉フロンティア、あやべボランティア総合センター、綾部市社会福祉協議会、ふるさと綾部の老人を守る会、そしてNPO法人自立支援センターいかるがの郷が実行委員会を結成し、3年ぶり、19回目、笑いが綾部に戻ってきました。

    津軽三味線の中野泰宏さんは、すっかりおなじみ。続く桂三扇さんの落語で〝ひと笑い″したあとは、「どじょうすくい踊り師範」露の眞(つゆのまこと)さんの落語とどじょうすくいです。その洗練された動きと表現力あふれる表情に会場から「おぉー」と感嘆の声があがりました。
    トリを務めたのは、「曲ゴマ伝道師」伏見紫水(ふしみしすい)さん。扇子の上、刀の上、「コマはこんなところでも回るのか!」と、見事な「コマさばき」と「ドヤ顔」で会場を沸かせました。
    綾部市内の福祉・ボランティア関係の団体が協力して開催する「あやべ寄席」。新型コロナウイルス感染症の影響で、過去2回が中止となりましたが、会場はほぼ満席。スタッフが、お客様が、芸人の皆さんが、そして笑いが、3年ぶりに綾部に戻ってきて、春を呼ぶ綾部の風物詩がひとつ復活しました。



  • 2023/02/06 共同受注窓口からデータ入力作業を受注! 専用アプリをインストールしてアンケート入力作業

     障害者就労支援施設の共同受注窓口であるNPO法人京都ほっとはあとセンターからアンケートの入力作業を受注し、取り組んでいます。この作業は、契約した障害者就労支援施設の職員が、入力専用アプリをパソコンにインストールし、利用者が入力していきます。契約した複数の施設で、取り組みます。障害のある人も入力しやすくなるように、アンケートの設問を簡略化し、入力時にプルダウンメニューから選択できるようにするなど、工夫されています。

     いかるがの郷には、就労支援で就労準備性を評価する時に使用する「ワークサンプル・幕張版」(独立行政法人高齢・障害・求職者支援機構が開発)があり、これによるアセスメントとあわせて、アンケート入力作業の受注が、利用者のパソコンスキルの評価・向上につながると期待しています。アセスメントの結果、スキルが高く、自信をもって入力作業に入った利用者もあり、今後、日常的・継続的に取り組んでいく予定です。

  • 2023/02/01 新しい年度が始まります 。名刺印刷は、印刷工房あやさへご用命ください!

    まもなく新しい年度が始まります。いかるがの郷の就労支援で取り組む印刷作業(屋号:印刷工房あやさ)では、新しい年度のスタートにあわせて、名刺のご注文を承っております。

    原稿をいただきますと、編集し、PDFファイルに変換した校正刷りをメールでお送りいたします。レイアウトなど変更点などを承りまして、「お気に入りの名刺」に仕上げます。
    書体も豊富です。楷書体・明朝体・人気の丸ゴシック体・丸フォークなど、同じレイアウトでも雰囲気がガラっと変わります。読みやすさを追求して開発されたユニバーサルフォント(UDフォント)もご用意しております。
    お持ち込みいただいた台紙にも印刷。写真やロゴマークの挿入も可。もちろんカラー印刷もOK。皆様からのご注文をお待ちしています。
    春は、就職・異動・転勤など、新しいスタートの季節。名刺印刷は、ぜひ、印刷工房あやさにご注文下さい!
  • 2023/01/30 月に2回の地域開放日を実施 いかるがの郷・ゆらがわの郷の見学が可能です。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

     1か月に2回の土曜開所日を実施しています。いかるがの郷とゆらがわの郷では、地域の皆様に活動を知っていただくために、この日を「地域開放日」としまして、来訪いただきました皆様に見学をしていただいています。

    施設内をご案内し、説明もいたします。どうかお気軽にお立ち寄りください。

    ◎4~7月までの日程は下記の通りです。
    4月8日・22日 5月13日・27日 6月10日・24日 7月8日・22日
    開放時間 午前9時30分~12時・午後1時30分~3時

  • 2023/01/11 新年度にあたって 中期計画の見直しで利用者の更なる社会参加を

    令和4年度もあっという間に終わり、年度のまとめと次年度の計画を行う時期になりました。令和4年9月には、皆様のおかげで、ゆらがわの郷を開所することができ、新たな事業を始めました。近頃では利用希望の見学やお問い合わせもあるようで、少しずつですが、多くの方に知ってもらえるようになったのかと感じます。
    次年度の事業計画とあわせて、法人の中期計画「ステップアッププラン」も振り返りの年度で、まとめを行なっています。利用者支援については工賃向上として、令和3年度に月額3万円に達し、更なる向上を図るため、Tシャツやトレーナー専用プリンターの整備、また、従来から使用しているオフセット印刷機の更新を行いました。これらにより、印刷物販売種類の拡大やスピード・効率向上を図ることで、工賃向上の実現を目指します。
    また、新しい作業として農業に着目しており、数種類の野菜を試験的に栽培しながら、事業として展開できるかどうかの検討をしているところです。
    利用者の工賃が向上して、社会・経済活動に積極的に参加することができ、幸せな人生が送ることができるよう、努力してまいります。今後とも皆様方の更なるご支援をお願い致します。

     

    特定非営利活動法人自立支援センターいかるがの郷

    理事長 坪内晴且

  • 2023/01/10 大いに盛り上がった年末交流会

     令和4年の年も押し迫った12月28日(水)、9月に開所した「ゆらがわの郷」とオンラインで接続し、それぞれで年末交流会を開催しました。

     職員が温かいにゅう麺をふるまい、㈱井田組・井田社長様から寄贈されたケーキをいただいたところで、豪華賞品の当たるじゃんけんゲームが始まり、大いに盛り上がりました。
     最後はそれぞれの来年の抱負を発表し、「よいお年を」と挨拶を交わし、一年の労をねぎらいました。
     材料の購入には、歳末助け合い募金の配分金を活用させていただきました。募金をいただきました皆様、井田社長様には心から御礼申し上げます。

  • 2023/01/09 年頭のごあいさつ 新年あけましておめでとうございます

     謹んで新春をお祝い申し上げます。皆様方には、よいお正月をお迎えになられたことと、お慶び申し上げます。昨年は、いかるがの郷・就労生活支援センターいかるが・ゆらがわの郷の活動につきまして、多大なご協力を賜り、誠にありがとうございました。

     さて、昨年9月には皆さまのお陰をもちまして、ゆらがわの郷を開設することが叶いました。ゆらがわの郷は、高齢の利用者や、休みがちな利用者に適した支援を行うことを目的とした施設で、利用者17名、職員5名でスタートいたしました。現在、利用者は2名増え、19名で日々作業に取り組んでおります。皆様にご協力いただき、これまでのところ大過なく運営することができましたが、作業以外に利用者が興味を持つことのできる取り組み作りなど、試行錯誤を続けている課題もあります。今年こそ、地域のニーズに応えることができるよう、利用者、職員一同一致団結して励んで参りますので、今後とも地域の皆様のご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 2022/12/20 綾部建設業協会様より お菓子のプレゼント

     12月16日(金)、ワークショップサクラティエ(青野町)で綾部建設業協会の皆様よりお菓子のプレゼントをいただきました。

     同協会の皆様には、毎年12月に「餅つき訪問」として、あやべ作業所、ともの家、ワークショップサクラティエ、いかるがの郷の利用者と一緒に、お餅つきをお世話になっておりました。一昨年から新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、お菓子のプレゼントに変更し、実施していただいております。

     いただいたお菓子は、いかるがの郷・ゆらがわの郷に持ち帰り、利用者に配布。利用者にとっては嬉しいクリスマスプレゼントとなりました。綾部建設業協会の皆様には心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。
  • 2022/12/19 感染防止と交流・親睦を両立しようと試みた「とん汁フェスタ」

     3年連続で、作業所まつりや利用者研修旅行が中止になったことなどから、いかるがの郷独自で、利用者や家族、関係者が交流することができるイベントをと、12月17日(土)、「とん汁フェスタ」を開催しました。
     何分、寒い時期です。体の芯まで温まってもらおうと職員が腕を振るったとん汁は大人気。いかるがの郷で試しに栽培したごぼうも炊き込み、その香りが食欲をそそりました。おにぎりやからあげと一緒にお昼ごはんとしていただいた後は、豪華賞品の当たる「ガラポン抽選会」です。特賞は、何とブルーノのホットプレート。祈るようにしてガラポンのハンドルを回す姿も見受けられました。
     新型コロナウイルス感染症が日本に上陸して3年。その間、利用者が楽しみにしているイベントなどが中止になり、市民の皆さんとの交流の機会が失われてしまいました。職員が話し合いを重ねながら、コロナとの向き合い方を考える中で、前向きに考える「気質」が育ってきたと感じます。感染防止と交流・親睦を両立しようと試みた「とん汁フェスタ」。今後もその気質に期待したいところです。

  • 2022/11/17 スポーツを通じて楽しく交流 あやリンピック開催!

     11月13日、あやべ・日東精工アリーナで、「第5回スポーツの祭典あやリンピック」が開催されました。年齢、性別、障害の有無にかかわらず誰でも参加できる祭典で、いかるがの郷とゆらがわの郷を合わせて、10名の利用者が参加しました。

     開会式では、いかるがの郷の理事長でもある坪内晴且実行委員長が「とにかくみんなで、楽しんでください」と挨拶されました。運営スタッフとして参加した職員も含め、参加者全員でスポーツを通じて楽しく交流しました。

  • 2022/11/16 あやべたがやす「農業を食料と職業に」講演会に参加

     11月13日(日)、綾部市ものづくり交流館で「農業を食料と職業に」講演会とパネルディスカッションが開催され、いかるがの郷からは職員2名が参加しました。今回の講演会は、発達障害や生きづらさ等がある人たちの地域や人につながる場所づくりを目指しておられる「あやべたがやす」(代表:鎌部真由美さん〔五津合町〕の主催によるものです。

     講演会は、神奈川県藤沢市で「農スクール」という取り組みを通じて、農業を活用した「就労支援プログラム」を開発しホームレスや引きこもりがちな人たちを日本全国の人手不足の農業法人につなぐ取り組みをしておられる小島希世子さんが講師でした。
     就労支援プログラムは、一人ひとりの特性や個性を知るということと、それらが、反復系、協働系、技術習得系の大まかな3つの作業のどの部分にマッチングするかなどを考え、「農スクール」で就労先で必要とされる体力・メンタル力・コミュニケーション能力を養成するというものでした。見通しを持った「適材適所」の連携と、緻密な農作業の分析がされていると感じました。
     パネルディスカッションには、小島さん、中丹東農業改良普及センター:寺西慶祐さん、合同会社よあけのポポー代表髙橋孝明さん、志賀施設長が登壇し、「チャレンジアグリ」での取り組みや農家での請負作業の状況、試験栽培の様子などをお話ししました。
     いかるがの郷での農業に着目した取り組みは始まったばかりです。農業においても担い手不足やそれに伴う産業構造の変化など転換期であると考えています。多くの課題がありそうですが、課題を乗り越えて実践を進めている人も多くいます。今後も農業に着目した取り組みを進める中でいかるがの郷がどのように地域に貢献することができるかを考察したいと思っています。

  • 2022/11/15 農業に着目した取り組みをしています!「チャレンジ・アグリ」で玉ねぎ栽培に挑戦

     障害のある人たちが農業に携わることは、障害特性に応じた作業がしやすく、生きがいや達成感、社会参加、工賃向上につながる可能性があります。また、農家にとっても、人材不足の中、農作業の推進を図ることができるというメリットがあります。いかるがの郷は特に工賃向上の取組として農業に着目し、数年前から複数の品目で栽培し、農家の収穫や選別、片付けなどの作業を請け負うなど試験的に取り組みを進めています。

     そのような中、9月から京都府の主催する「チャレンジアグリ」に取り組んでいます。京都市のタキイ種苗(株)から提供された玉ねぎ「ケル玉」を栽培する講座で、利用者1名・職員2名が与謝野町のよさのうみ福祉会「リフレかやの里」で講座と実地指導を受けています。11月までに3回の講座を受け、播種・畝作り・マルチ設置などの講座を受けました。11月10日(木)は、定植。ポットから苗を取り出し、1本ずつマルチの穴から植えていきます。400本の苗を受け取り、綾部市内の畑に定植しました。今後は2月に施肥、年度が替わってから収穫・調整というスケジュールになっており、利用者・職員ともに玉ねぎの成長を楽しみに取り組んでいます。

  • 2022/11/14 ◎3館合同サロンに参加、ゲームや体操!3年ぶり開催、綾部会館で

     11月9日(水)、味方町の綾部会館で開催された3館合同サロン(綾部会館・物部会館・栗文化センター)に参加しました。新型コロナウイルス感染症の関係で、三年ぶりに開催された合同サロン。いかるがの郷と9月に開所したばかりのゆらがわの郷の利用者2名、職員4名が、パンやお菓子、コーヒーなどを販売しました。

     10時15分から行われたサロンにも参加させていただき、参加された30名余りの皆さんと楽しく交流しました。
     サロンの軽体操とゲームでは、隣に座った人同士でお互いをほめあおうというゲームがあり、利用者も職員も日ごろから「ほめあうことが少ないなぁ」と感想があり、「新鮮な体験ができた」と話していました。
    新型コロナウイルス感染症の関係で、地域の皆さんと交流する機会が減っています。今回もお声かけをいただき大変ありがたく感じています。感染防止対策をしながら可能な限り今後も積極的に交流したいと考えています。



  • 2022/09/17 「開所のつどい」 9月17日(土)、ゆらがわの郷・作業室で 「わたしの未来」を発表。記念植樹も

      ゆらがわの郷の作業室を吹きぬける風が心地よい良い日でした。ゆらがわの郷利用者13名・いかるがの郷利用者18名・家族6名・職員11名の合計48名の参加で開催。坪内理事長と利用者代表の土田さんが挨拶を述べ、谷上施設長の職員紹介後、利用者の紹介がありました。それぞれの利用者が前日までに考えた「私の未来」を発表し「健康に過ごしたい」「仕事を頑張りながら、みんなとも話していけるといい」など、ゆらがわの郷を利用しながら、どのような未来を過ごしたいかを話していただきました。緊張が大きくて自分で発表しにくい人は、職員が代読。中には「阪神タイガースかんばれ!」というコメントもあり、会場の雰囲気がなごみました。

     全員で記念撮影をした後、玄関横の花壇に温州みかんの木を植えました。全員がスコップで土をかけ、「木が大きくなって、来年の12月頃実がなったら、みんなで食べよう」と、みかんの木の未来にも思いをはせ、開所のつどいを終了しました。建物内を見学した参加者からは、「きれいや」「作業室が明るい」などの感想も聞かれました。

  • 2022/09/10 「開所式」 9月10日(土)、ゆらがわの郷・作業室で 社会参加、やりがいを実感できる事業所に

     当日は、綾部市長・山崎善也様(代理で副市長山﨑清吾様)、京都府議会議員・四方源太郎様をはじめ、綾部市自治会連合会会長・髙倉正明様、味方町自治会長・志賀正則様、綾部市社会福祉協議会会長・朝倉正道様のほか、市内の障害当事者・家族団体、障害者福祉に取り組む法人の代表者の皆様12名のご臨席を賜り、役員6名・会員2名・職員11名・利用者代表1名の合計32名の出席となりました。

     式典では、冒頭、当法人の坪内晴且理事長が、「作業やその他の取り組みで、やりがいや社会に参加するきっかけを」と挨拶。続いて、ゆらがわの郷の谷上良太施設長が、開設に至る経緯や「生きがい」・「やりがい」・社会参加を軸としたゆらがわの郷の支援についての基調報告を致しました。
     この後、綾部市長・山崎善也様(代理:副市長山﨑清吾様)、京都府議会議員・四方源太郎様からご祝辞を、綾部市議会様からメッセージをいただき、大きな励みになりました。また、職員2名が永年勤続表彰を受賞し、坪内理事長より表彰状を授与されました。最後に利用者を代表して、土田健太さんが「がんばってやっていきたい」と「利用者のことば」を述べ、式典を終了しました。



  • 2022/06/30 これからも、心の「陽だまりに…」祝5周年「陽だまりの里さんさん上石」

     6月23日(木)、NPO法人わいわいネットなかまが運営する障害者グループホーム「陽だまりの里さんさん上石」の開設5周年を祝う式典に参列しました。いかるがの郷からは坪内理事長と利用者3名、職員1名がお招きいただきました。

     いかるがの郷に通所している入居者は「頑張っていかるがの郷に通所します」と手話で発表されました。また、あやべ作業所・たからの里・いかるがの郷の各事業所の利用者から、入居者の方にお祝いの言葉をお伝えしました。

  • 2022/06/20 やっといてよかった!水防避難訓練

     6月13日(月)、避難訓練を行いました。大雨のため土砂災害警戒情報の発令が濃厚となった場合を想定した訓練でした。新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、ソーシャルディスタンスを保ちながら訓練を進めました。安全に帰宅することが重要な訓練のため、帰宅後いかるがの郷まで連絡をして訓練は終了しました。

     後日、中丹地域に大雨警報が発令された日もあり、今後も利用者と職員が、日々安心して作業に取り組めるように、緊急時の準備を整えていきます。
  • 2022/06/01 3年ぶりに開催!第56回障害者ふれあい広場「スポーツ・レクレーションフェスティバル」

     5月29日(日)、京丹波町の丹波自然運動公園で、第56回障害者ふれあい広場「スポーツ・レクレーションフェスティバル」が開催されました。このイベントは、障害者をはじめ多くの府民が参加し、ともに楽しみ、交流することを通じて、障害者スポーツの振興と障害者に関する理解の促進を図るために開催されています。

     一昨年と昨年は、新型コロナウィルス感染症の影響で中止になりましたが、今年3年ぶりに開催されました。いかるがの郷の利用者は6名参加し、ディスク投げやストラックアウトビンゴ等で、大いに盛り上がりました。

  • 2022/05/25 利用者の経済的自立に一歩 就労継続支援事業B型で作業工賃の目標3万円を達成

     令和3年度の月額平均工賃が30,095円となり、目標の3万円を上回ることができました。新型コロナウイルス感染症によるイベントの中止などを受け、厳しい1年でしたが、市民の皆様に支えていただき、おかげ様で何とか目標を達成することができました。ありがとうございました。

     障害福祉サービス事業所の作業工賃アップは全国的な課題です。障害基礎年金と合わせても、独り暮らしをするにはかなり厳しい額です。障害のある人たちが経済的な自立に進めるよう、創意・工夫を凝らし更なる工賃アップに取り組み計画を立案しているところです。市民の皆様には、どうか今後ともご協力いただきますようお願い申し上げます。


  • 2022/05/24 「綾部・福知山合同企業説明会in京都」に出展します!

     6月3日(金)、京都産業会館ホール(京都経済センター2F)で開催される「綾部・福知山合同企業説明会in京都」に出展します。地元企業40社が出展する合同企業説明会です。いかるがの郷では現在、デザイナーを募集しており、この説明会に出展します。

     詳しくは合同企業説明会チラシ、デザイナー求人票をご覧ください。ハローワーク綾部登録済み、京都府UIJターンナビ・ジョブこねっとでも求人票を公開しています。UIJターンをお考えの方や、デザイン系の仕事をお探しの方、ぜひお越しください。

    会場:京都産業会館ホール(京都経済センター2F)
    〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地
    時間:事前セミナー   12:30~13:00
       合同企業説明会  13:00~15:30

    合同企業説明会チラシPDF→asset/00032/202205243.pdf
    デザイナー求人票PDF→asset/00032/202205244.pdf



     

  • 2022/04/29 デザイナーを募集しています!

     障害のある人たちの就労支援事業で取り組む印刷業の編集をする仕事です。詳しくは、「採用について」をご覧ください。ハローワーク登録済みです。

     アドビCC(イラストレータ・フォトショップ等)を使用して、チラシ・ポスター・パンフレットなどのデザイン制作をしていただきます。担当不在時には、電話やお客様対応をお願いする場合があります。
  • 2022/04/25 4月21日、第三者評価を受診しました

     第三者評価とは、公正・中立な第三者評価機関が専門的・客観的立場から福祉サービスについて評価を行う仕組みで、施設の透明性を高め、サービスの質の向上の取り組みを充実させていくために定期的に受診しています。

     今回は評価機関として、「一般社団法人 京都社会福祉士会」に依頼しました。
     評価できる点として、「ご意見箱を設置し、その意見や回答を掲示している点」「工賃アップに取り組んでいる点」等があげられました。課題点としては、「マニュアルの整備・見直し」「職員の意見を反映し、事業計画の振り返り・見直しをすること」等があげられました。
    第三者評価の受診の結果を受け、課題の改善に取り組み、より一層、サービスの質の向上を目指します。
    後日、受診結果についてはWeb上で公開されます。
  • 2022/04/25 月に2回の地域開放日を実施。いかるがの郷の見学が可能です。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

      1か月に2回の土曜開所日を実施しています。いかるがの郷では、地域の皆様にいかるがの郷の活動を知っていただくために、この日を「地域開放日」としまして、来訪いただきました皆様に見学をしていただいています。

     施設内をご案内し、説明もいたします。どうかお気軽にお立ち寄りください。

    ◎4~7月までの日程は下記の通りです。
    4月9日・23日 5月14日・28日 6月11日・25日 7月9日・23日
    開放時間 午前9時30分~12時・午後1時30分~15時

  • 2022/04/04 令和4年度 入職式と年度開始式を行いました!

     4月1日、いかるがの郷で、令和4年度入職式を行いました。

     坪内晴且理事長から訓示があり、3名の新規採用職員に辞令が交付されました。
     新規採用職員紹介では、新人職員から「初めてでわからないことばかりですが、これから頑張って業務に励みます」と力強い挨拶がありました。
     続いて利用者が集まり、年度開始式を行いました。班長・副班長の挨拶では、コロナが収束し、早く平和な世界になるように願っていますという内容の発言がありました。
     新しい利用者、新しい職員が加わり、令和4年度がスタートしました。

    入職式の様子・坪内理事長の訓示

    副班長・森さんの挨拶
  • 2022/03/30 令和3年度「就労移行支援事業」の利用者5名が一般企業に!

     「就労移行支援事業」とは、障害者総合支援法に基づく就労支援サービスのひとつです。障害のある方・難病のある方が就労に向けたトレーニングを行い、働くために必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようサポートを行います。
     就労移行支援事業の利用条件は以下の3つに当てはまる方です。
    ①18歳以上65歳未満の方
    ②身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)、難病のある方
    ③一般企業への就労または開業をお考えの方
     令和3年度、いかるがの郷では、就労移行支援事業利用者5名が一般企業に就職しました。(福祉サービス2名、製造業2名、飲食業1名)
     初めて就業する方(就労経験のない方)だけでなく、体調を崩されフルタイムで仕事を復帰するには少し自信がない方も利用できます。お気軽にご相談ください。

    「ワークサンプル幕張版」を利用し、計量作業の練習をしています!
  • 2022/03/28 北京都ジョブパーク、出前講座開催。テーマは「コミュニケーションを始めよう」

      3月7日(月)、就労移行支援事業の一環として、いかるがの郷で北京都ジョブパーク主催の出前講座が開催されました。今回の参加利用者は4名。テーマは「コミュニケーション」でした。

     各利用者が自己紹介をして、その自己紹介について他の利用者が質問をするという内容でした。
     はじめは硬い雰囲気でなかなか質問がありませんでしたたが、講師の先生にうながされながらお互いに質問をすると、次第に笑い声が出る雰囲気に。講師の先生から「みな様のその笑顔が大事です。円滑な人間関係は、自分自身の可能性を大きく広げることができます」と伝えていただきました。

    出前講座での自己紹介の様子
  • 2022/03/25 名刺印刷は、印刷工房あやさへご用命ください!12年ぶりに印刷機械をリニューアル。ご注文をお待ちしています!

      まもなく新しい年度が始まります。いかるがの郷の就労支援で取り組む印刷作業(屋号:印刷工房あやさ)では、新しい年度のスタートにあわせて、名刺のご注文を承っております。

     原稿をいただきますと、編集し、PDFファイルに変換した校正刷りをメールでお送りいたします。レイアウトなど変更点などを承りまして、「お気に入りの名刺」に仕上げます。
     書体も豊富です。楷書体・明朝体・人気の丸ゴシック体・丸フォークなど、同じレイアウトでも雰囲気がガラっと変わります。読みやすさを追求して開発されたユニバーサルフォント(UDフォント)もご用意しております。
     お持ち込みいただいた台紙にも印刷。写真やロゴマークの挿入も可。もちろんカラー印刷もOK。12年ぶりにリニューアルした名刺用印刷機で、皆様からのご注文をお待ちしています。
     春は、就職・異動・転勤など、新しいスタートの季節。名刺印刷は、ぜひ、印刷工房あやさにご注文下さい!

    リニューアルした名刺プリンター!

  • 2022/02/05 新たなニーズに応えるため、令和4年9月に新事業所を開設予定

     このたび、味方町の旧・ふきのとうデイサービスセンター跡地で、新事業所を開設する運びになりました。

     昨年6月に土地・建物を購入。12月には、「あやべの作業所を育てる会」様から援助をいただきまして、屋根・壁面の補修工事を完了いたしました。現在は設計事務所に依頼して改築計画を進めているところです。3月には内装工事を完了し、その後、事業指定を受ける予定です。
     この新事業所は、いかるがの郷の利用者が増加していることに加えて、ニーズが多様化していることなどから、2か所目となる就労継続支援事業B型の事業所を考えております。令和2年9月に開始した自立訓練(生活訓練)の利用者の皆さんが2年の利用期限満了となることにあわせて、令和4年9月の開設を目指しています。休みがちで生活習慣をつけることが目標の方、健康・経済面で見守りが必要な方、障害や年齢の状況に応じた作業内容をご希望の方等を対象にと考えております。
     当法人にとりましては、初めての自己所有物件であり、今後、障害のある人たちの新たなニーズに応えられるよう、全力で取り組んで参ります。
     地域の皆様には、今後ともご理解・ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

    ◎土地・建物の概要と外観

    所 在 地  綾部市味方町石風呂25-1

    土地面積  467.85㎡(約141.52坪)

    建物面積  227.68㎡(68.87坪)

          ※隣接駐車場(約36坪)

    構    造  鉄筋スレート葺き2階建造

    築年月日  平成7年9月26日

     

    新事業所の地図→asset/00032/yuragawanosato.pdf

  • 2022/01/28 「いか通」令和4年1月20日号を発行しました!

      いかるがの郷では、2ヶ月に1回、「いか通」を発行しています。

     「いか通」では、利用者の作業の様子・季節の行事・福祉サービスのご案内・スケジュールなどをご紹介しておりますので、ぜひご一読ください。

    「いか通」令和4年1月20日号→asset/00032/202202041.pdf
  • 2022/01/06 謹賀新年 コロナ禍でも、理念の実現に向けて、工夫を凝らした取り組みを

     いかるがの郷 施設長

    就労生活支援センターいかるが センター長  志賀 忍

     

     市民の皆様方には、ご家族おそろいで輝かしい新年をお迎えになられたことと、お慶び申し上げます。昨年は、いかるがの郷・就労生活支援センターいかるがの活動につきまして、多大なご協力を賜り、誠にありがとうございました。本年も引き続き、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

     さて、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、慎重な経営が求められています。私たちは、引き続き障害のある人たちを擁護する立場に立ち、感染を防止し、安全で健康を保持することができる環境を整えることに取り組んで参る所存であります。

     このような「コロナ禍」にあっても、令和2年度に策定した中期計画「いかるがステップアッププラン(以下:プラン)」は、令和6年度までに法人の理念を具体化する計画として位置づけており、このプランを踏まえた単年度の事業計画を策定しています。新型コロナウイルス感染症の関係で、様々な分野に制限が生じる中でも、私たち職員は、工夫することによりプラン(単年度の事業計画)の推進に注力しなければなりません。

     特に令和4年度には、年度末にプランを点検し、必要に応じて見直しを行うことになっており、令和3年度から4年度にわたっては、プラン推進における重要な時期であると言えます。まさに節目の年となることでしょう。

     私は、いかるがの郷施設長、就労生活支援センターいかるがのセンター長として、リーダーシップを発揮し、職員とともにプランに基づく事業の推進に責任を持って取り組んで参ります。高い公共性・公益性のある障害福祉サービス事業を継続し、基本理念実現の方針にあります、障害のある人たちの自立と社会参加、地域福祉向上と地域社会発展への貢献、障害者福祉の担い手育成を具体的に進めることができますよう、どうか今後とも地域の皆様のご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 2022/01/06 小豆の選別作業を行っています!

      地元の農家の方からご依頼をいただき、小豆の選別作業を行っています。

    小さい豆や欠けている豆などを取り除き、大きさ・色・形と三拍子そろった豆だけをよりわけます。また、よりわけた豆に泥がついているので、布巾でふき取り、さらに時間をかけてみがきます。くすみが取れた小豆は光沢が出て、ぴかぴかに輝きます。
     「きれいになった」「おいしそうやなあ」と声をかけあいながら、作業を続けています。



  • 2021/12/28 気持ちが明るくなった年末交流会 歳末助け合い募金配分金・ケーキの寄付をいただき開催 ありがとうございました

      歳末助け合い募金の配分金をいただき、いかるがの郷利用者が1年間の労をねぎらい、親睦を深める「年末交流会」を開催しました。12月28日(火)の仕事納めにあわせて行うこの交流会は、利用者・職員と一緒に一年間を振り返りながら、お茶とケーキをいただき、楽しいひと時を過ごすもので、年末の恒例行事となっています。今年も新型コロナウイルス感染症感染防止のため、いつもより念入りに机やイス、周辺の消毒をした後、食堂や作業室などで、距離をとり、換気をしながらいただきました。

     ビンゴゲームでは、お菓子や乾めんなどのセットが賞品として準備され、利用者全員に手渡されました。利用者からは、「ケーキがおいしかった!」「(賞品の乾めんを)家で作ってゆっくり食べるわ」といった声も聞かれ、作業所まつりなどのイベントが軒並み中止となっていましたが、この交流会で気持ちが明るくなったことを実感することができました。
     歳末助け合い募金に募金をしていただいたお一人お一人の皆様、ケーキをいただいた㈱井田組・井田社長様には、心から御礼を申し上げます。ありがとうございました。
  • 2021/12/28 年末のご挨拶

      厳しい寒さの中の年の暮れになりました。いかるがの郷を支えていただいた地域の皆様のおかげで、本日(12月28日)、利用者の皆さんに冬のボーナスを支給し今年一年の活動を終わりました。たいへんお世話になり、ありがとうございました。心から感謝を申し上げます。

     地域の皆様方には、ご家族おそろいでお健やかに輝かしい新年をお迎えになられることを祈念いたしまして、今年一年の皆様方への御礼とさせていただきます。
     どうぞ来年もご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

    いかるがの郷 施設長 志賀 忍
  • 2021/12/20 お菓子のクリスマスプレゼント 綾部建設業協会の皆様から

      12月17日(金)、あやべ作業所(物部町)で綾部建設業協会の皆様よりお菓子のクリスマスプレゼントをいただきました。

     同協会の皆様には、前身の綾部共同作業所時代から、毎年12月に「餅つき訪問」として、あやべ作業所、ともの家、ワークショップサクラティエ、いかるがの郷の利用者と一緒に、お餅つきをお世話になっておりました。昨年から、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、内容をお菓子のプレゼントに変更し実施していただいております。
     各事業所を代表して、いかるがの郷の川田さんが「昨年に続いて、お菓子の贈呈式をしていただき、うれしく思います。ありがとうございました」と挨拶をしました。
     いただいたお菓子はいかるがの郷に持ち帰り、利用者に配布。利用者にはうれしいクリスマスプレゼントになりました。綾部建設業協会の皆様には心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。


  • 2021/12/08 年末年始休暇について

     誠に勝手ながら、各事業所の年末年始休暇を下記の通りと致しますので、よろしくお願い申し上げます。

    ◎いかるがの郷
    年末年始休暇 12月29日(水)~1月5日(水)
    ◎印刷工房あやさ
    年末年始休暇 12月29日(水)~1月5日(水)
    ◎就労生活支援センターいかるが
    年末年始休暇 12月29日(水)~1月5日(水)
    ※休暇中の緊急連絡先は(0773)40-1355となります。
  • 2021/11/29 北京都ジョブパーク出前講座「ビジネスマナー」~ソーシャルスキルトレーニング~

     11月25日(木)、いかるがの郷で北京都ジョブパーク主催の出前講座が行われました。参加利用者は4名。今回は講師の先生から、ビジネスマナーについて教えていただきました。

     まずは、マナーとルールの違いから。ルールとは、時間や役割といった「決められている」こと。マナーとは、あいさつや返事といった「決められていない」こと。仕事を円滑に進めるには、ルールはもちろん、相手に対する心づかいが大事だということを学びました。
     はっきりとした発声や敬語を使った言葉づかいなど、実際に声に出して練習しました。参加利用者は、その後の作業で、早速セミナーで教わったことを実践し、はっきりとした発声で、ゆっくりと丁寧に報告することを心がけていました。



     

  • 2021/11/19 年賀状印刷のご案内

     いかるがの郷には現在49名の障害のある人たちが在籍しており、平成12年から印刷を中心とした作業に取り組んでいます。

     本年も「令和4年年賀はがき印刷」のチラシ(2色刷り・カラー)を準備致しまして、皆様からのご注文をお待ちしております。また、名刺、チラシ、冊子、資料の印刷、のぼり、垂れ幕・横断幕、トレーナー・Tシャツ・ポロシャツ等の印刷も承っております。
     ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
    〒623-0031 綾部市味方町アミダジ12-1
    TEL(0773)40-5388
    FAX(0773)40-5390



     

  • 2021/11/16 「いか通」令和3年11月15日号を発行しました!

      いかるがの郷では、2ヶ月に1回、「いか通」を発行しています。

     「いか通」では、利用者の作業の様子・季節の行事・福祉サービスのご案内・スケジュールなどをご紹介しておりますので、ぜひご一読ください。

    「いか通」令和3年11月15日号→asset/00032/202202042.pdf
  • 2021/11/12 トランシーバー講習を実施しました!

      10月28日と11月9・10日、職員を対象としたトランシーバーの講習を行いました。

     昨年度、オムロン綾部労働組合様から寄付をいただき、トランシーバーを購入しました。災害時や火災時等に備え、利用者・職員の安全を確保しながら迅速な非難ができるよう、グループに分かれて操作訓練を実施。
     緊急時に落ち着いて対応できるよう、今後も定期的に講習を続けていきます。


  • 2021/11/12 カレーを食べて福を当てよう!いかるがカレーフェスタ開催

      「おいしい!」「みんなで食べられてうれしい!」。太陽の光あふれるいかるがの郷駐車場の特設会場。利用者・職員でカレーを味わうイベント「いかるがカレーフェスタ」を開催しました。

    今年・去年と、夏の作業所まつり、秋の研修旅行が中止となり、利用者同士で親睦を深め、充実感を味わう機会がなかなかありませんでした。感染防止のため、規模は小さくなりますが、感染者数が減少しているタイミングで「やってみよう」。何とか開催にこぎつけました。
     駐車場に机と椅子を配置。間隔をあけアクリル板を設置。職員が念入りに消毒。おかわり自由のカレーと、ポテトサラダ、ポップコーン、コーヒーを味わった後、広々とした食堂で、重い障害のある人でも参加できる「ニュースポーツコーナー」を楽しみました。さらに作業室では、「東京2020パラリンピック競技大会綾部採火式」のDVDが上映され、採火シーンでは大きな拍手が沸き起こりました。
     「おいしい秋で賞」「ほっこり賞」などのユニークな賞が設けられた福引き。最後の理事長賞の賞品は、何とオーブントースター。天候に恵まれ、おいしいカレーと、数々のお楽しみで、親睦を深めることができました。


  • 2021/11/12 キレイになった畑で、収穫が楽しみ!!農福連携の取り組み!

      10月から物部町の農園で、小豆畑の除草作業を行っています。

     今年の6月に京都府中丹西農業改良普及センターが行った、農福連携に係る福祉事業所の意向調査に回答したことがきっかけでした。農福連携とは、障害者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取り組みのことです。
     意向調査に回答後、中丹西農業改良普及センター・中丹東農業改良普及センター・中丹東保健所福祉課地域福祉係の職員の方がいかるがの郷に来訪され、農福連携の具体的な取り組みについて意見交換を行いました。
     その後、地元の農家の方をご紹介いただき、作業を体験し、今回の除草作業を行うことになりました。秋晴れのもと、気持ちの良い汗をかきながら、作業に従事しています。

     

  • 2021/10/13 「いか通」を発行しています!

      いかるがの郷では、2ヶ月に1回、「いか通」を発行しています。

     「いか通」では、利用者の作業の様子・季節の行事・福祉サービスのご案内・スケジュールなどをご紹介しておりますので、ぜひご一読ください。

    令和3年「いか通」バックナンバー
    令和3年8月号→asset/00032/202110134.pdf
    令和3年5月号→asset/00032/202110131.pdf
    令和3年3月号→asset/00032/202110132.pdf
    令和3年1月号→asset/00032/202110133.pdf
  • 2021/10/06 1~2か月で就職を目指す「短期集中型訓練コース」新設! 就労移行支援事業を利用してみませんか?

      いかるがの郷では就労移行支援事業で、障害のある方の就職支援をしています。

     利用期限は2年間で、この間に一般企業などに就職することを目指して訓練をします。就労支援ソフト「ノウビー」で、パソコン操作・ワード・エクセル・パワーポイントの操作方法と、ビジネスマナーや仕事を続けていくために必要な自己管理の方法などを一人で学ぶことができます。さらに、ワークサンプルによるアセスメント、トレーニングも取り入れ、1~2か月の訓練で就職を目指す短期集中型の訓練コースも新設し、支援を充実させています。
     在宅で就職をお考えの障害のある方、転職をお考えの方も相談に応じます。見学も随時。ぜひ、お気軽にご連絡ください。

    ◎お問い合わせは…
     いかるがの郷(担当:加藤・谷上) (0773)40-5388
     就労生活支援センターいかるが(担当:上柿・山本) (0773)40-1355

  • 2021/10/06 障害者雇用合同就職面接会のお知らせ

      10月18日(月)、障害者雇用合同就職面接会が開催されます。

     いかるがの郷からも、2名の利用者が参加します。障害者雇用合同就職面接会に向けて、事前にジョブパークのセミナーもいかるがの郷で開催されます。
     障害者雇用合同就職面接会は、一年に一度の貴重な機会です。見学だけでも可能ですので、障害のある求職者の方は、ぜひお申し込みください。完全予約制となっております。
  • 2021/10/06 北京都ジョブパークセミナー開催

     10月7日(木)13:30~、北京都ジョブパークによるセミナーが、いかるがの郷で開催されます。セミナーでは、10月18日(月)に開催される障害者雇用合同就職面接会を想定し、模擬面接会が行われます。

     障害のある求職者の方であれば、どなたでも参加可能ですので、興味のある方はいかるがの郷(TEL0773-40-5388 FAX0773-40-5390)までご連絡ください。

  • 2021/10/01 フラワーポットの植え替え作業と花壇の手入れ(2021年・秋)

      9月27日(月)、綾部駅および府道綾部福知山線沿いの、フラワーポットの植え替え作業を行いました。

     職員2名・利用者10名・保護者2名・綾部市環境市民会議、綾部市役所環境保全課の皆様と一緒に、なでしこの花苗を植えました。
     いかるがの郷に戻ってからは、保護者の方とプランターと花壇に、なでしこ・パンジー・ビオラ・アスターなどの花苗を植えました。
     いかるがの郷にお越しの際は、一目、花壇もご覧になってください。



  • 2021/10/01 職員の防災研修を行いました。

     9月21日(火)と27日(月)、非常ベルと放送設備の操作方法について、職員の防災研修を行いました。

     1年前に同じ内容の研修を行い、その研修での意見をもとに、機器の操作マニュアルを機器の近くに準備しました。
    今回は、そのマニュアルを使って、スムースに操作できるかが課題でした。2日間に分かれて行ったことで、1人1人の職員がマニュアルを見ながら機器を操作し、理解を深めることができました。
     災害時、それぞれの職員が迅速かつ正確に対応できるように、体制を整えます。


  • 2021/09/14 「あやべの作業所を育てる会」への入会のお願い

     「あやべの作業所を育てる会」への入会をお願いいたします。「あやべの作業所を育てる会」は、綾部市の作業所グループ(綾部福祉会・自立支援センターいかるがの郷)への財政的な支援などを行っている後援会です。綾部共同作業所が開設された翌年、昭和56年に発足されました。

     障害者総合支援法により行政から報酬を受けていますが、さらなる充実・発展を目指すには資金が不足しております。皆さまに年間会員になっていただくことで、各作業所(あやべ作業所・ともの家・ワークショップサクラティエ・いかるがの郷)の充実・発展が後押しされます。
     何卒皆さまからのご支援を賜りますよう、お願いいたします。

    ◎目的     あやべの作業所グループを支えることを目的としています。
    ◎会員及び会費 本会の目的に賛同し、年間会費を納入された方を会員とします。
    〇会費     ◆個人会員 1口 1,000円
            ◆団体会員 1口 3,000円以上
            ※それぞれ口数に制限はありません
    ◎入会方法
    ・「入会申込書」に必要事項をご記入の上、各自治会、もしくは下記の最寄の事業所へお申込みください。
    *事務局:あやべ作業所 内 住所:綾部市物部町博労坂26番地 電話(0773-49-0434)・ともの家(0773-42-1239)・ワークショップサクラティエ(0773-43-3367)・いかるがの郷(0773-40-5388)
    「入会申込書」→asset/00032/202109141.pdf

     

  • 2021/09/07 とうもろこしを食べられてしまいました …鳥?いたち?ヌートリア?

      実が少しずつ大きくなって喜んでいたところに、朝来てみると3~4本が倒され、実のほとんどを食べられていました。残念!

     考えられるのは、鳥・いたち・ヌートリア。とうもろこしには防護ネットをかけておきました。全国的に課題になっている鳥獣害。いかるがの郷のこんな小さな庭でも例外ではありませんでした。

  • 2021/08/21 8月19日(木)、避難訓練を行いました!

      今回は、大雨のため土砂災害警戒情報の発令が濃厚となった場合を想定し、避難訓練を行いました。

     6月にも同じ想定で訓練を行ったのですが、その時にいくつか課題が見つかりました。特に、利用者が数台の車両に分かれて乗り込む際、シートベルトの着用に時間がかかりました。職員の補助も迅速にはできませんでした。
     今回の訓練を行うにあたり、事前に全職員が各車両のシートベルトの着用方法などを確認しました。また当日の朝、利用者に訓練の重要性を説明した後、実施しました。
     まだ課題は残っていますが、車両に利用者が乗り込む際に職員の声かけが増え、利用者の訓練への理解も深まり、前回よりスムースに実施することができました。
     今後も利用者と職員が、日々安心して作業に取り組めるように、緊急時の準備を整えていきます。


  • 2021/08/20 オクラを育てています

     ラディッシュ・トマトに続いて、オクラを栽培しています。花が咲き、実がなる準備が整いました。収穫の日まで、大事に育てていきます。

  • 2021/08/18 いかるがからの「希望の火」が、パラリンピックの火に! 東京2020パラリンピック競技大会 綾部市採火式

     8月15日(日)あやべ・日東精工アリーナで、利用者2名・職員1名が参加しました。市内5か所の障害福祉事業所で採火された火と、市民を代表して綾部高校の生徒が採火した「市民の火」がひとつに集められ、見事「綾部市の火」となりました。この火は、翌16日(月)、綾部市職員の方によって京都府庁に運ばれ、各自治体から集められた火と一緒になって、「京都府の火」になり、さらに東京へ運ばれ聖火台で輝きます。パラリンピックは8月24日(火)から開幕。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客で開催されましたが、ユーチューブで式の様子が配信されています。ぜひ、ご覧ください。→東京2020パラリンピック聖火フェスティバル綾部市採火式ダイジェスト - YouTube

     

  • 2021/07/01 新型コロナウイルスワクチン接種についての相談をしています

     綾部市では、6月2日から高齢者(65歳以上の者)への新型コロナウィルスワクチン接種が開始されています。いかるがの郷では、高齢の利用者を中心に、ワクチン接種についての相談に応じています。利用者の不安が軽減されるようにつとめています。

  • 2021/06/03 トマト&ラディッシュを育てています

     昨年はいかるがの郷の花壇で、チューリップ・水仙・菜の花など、観賞用の花を育てました。今年から新たな試みとして、トマトやラディッシュなど、野菜を栽培しています。職員が趣味で育てている、苗を分けてもらいました。今は小さな青い実が、大きく赤く育ち、いつか口にできる日を楽しみにしています。


     

  • 2021/05/27 利用者工賃増額めざして新作業を募集中!! 可能な軽作業がありましたらお問い合わせください!

      いかるがの郷では、利用者の工賃アップを目指して「工賃向上計画」に取り組んでおり、市民の皆様に呼びかけをさせていただいて、新しい作業に取り組みたいと考えています。

     現在、いかるがの郷に在籍する障害のある人たちは合計で51名。作業収益から工賃を受け取り、主体的にそれを使う…作業を通じて、自立と社会経済活動に参加をすることをめざしています。
     就労継続支援事業B型に在籍する利用者の昨年度の平均工賃は25,035円でした。
     利用者の多くの方が障害基礎年金を受給しておられますが、年金といかるがの郷の工賃で一人暮らしができるかとなると、かなり厳しいのが現状です。何とか一人暮らしが視野に入る金額になるよう工賃増額を図りたい…いかるがの郷開設以来の利用者・職員・関係者の願いでもあります。
     現在、印刷の他、チラシや文書などの封入・封かん作業、革製品加工、ねじの検品、配達や環境整備の仕事を承っています。市民の皆様には、「いかるがの郷で可能かもしれない」という軽作業がありましたら、ぜひお問い合わせいただきたく存じます。場合によっては出張での作業も承ります。どうか、よろしくお願い申し上げます。

  • 2021/05/27 サーマルAIカメラで感染防止対策 マスク着用を促す通知機能も

      新型コロナウィルス感染症の感染防止対策の一環として、サーマルAIカメラを玄関に設置しました。サーマルAIカメラは、従来の手持ちの非接触式体温計よりも外気の影響を受けにくく、測定値が安定しています。また、検温の対象人物の距離が遠く測定できない場合は、「近づいてください」と、音声で通知されます。この他にもマスクを着用していない場合には、「マスクをつけてください」と、マスクの着用を促すアナウンスもあります。

     これからも、基本的な感染防止対策を徹底するとともに、より効果的な感染防止対策に取り組みます。

     

  • 2021/04/26 大型連休のスケジュールについてのお知らせ

     いかるがの郷・印刷工房あやさ、ともに下記の通り開所・営業いたします。

    どうかよろしくお願い申し上げます。

    4月29日(木・祝) 休日 ※昭和の日
    4月30日(金)   開所・営業
    5月 1日(土)   休日
    5月 2日(日)   休日
    5月 3日(月・祝) 休日 ※憲法記念日
    5月 4日(火・祝) 休日 ※みどりの日
    5月 5日(水)   休日 ※こどもの日
    5月 6日(木)   開所・営業
    5月 7日(金)   開所・営業
    5月 8日(土)   開所・営業 ※土曜開所日
    5月 9日(日)   休日
  • 2021/04/01 令和3年度開始式 新年度がスタート

      4月1日(木)、いかるがの郷にて、「年度開始式」が行われました。「ソーシャルディスタンス」に気を配りながら、利用者・全職員が食堂に集まりました。坪内晴且理事長より挨拶があり、「新型コロナウィルスに負けないように頑張ってください」と式辞がありました。最後に利用者代表として、川田信太郎さんの挨拶があり、「昨年度は、新型コロナウィルス感染の影響で行事が中止になったこともありましたが、負けないように頑張ります」と力強く宣言されました。

  • 2021/03/23 土曜地域開放日、お気軽におたちよりください

      いかるがの郷では、1か月に2回、土曜日に施設を開放しています。

     地域の皆様やご家族の方に、いかるがの郷の活動を知っていただく機会として取り組んでいます。施設内をご案内し、説明もいたします。どうかお気軽におたちよりください。
    日時:3月27日、4月3日、4月17日、5月8日、5月22日(全て土曜日)

  • 2021/03/23 地元NPO法人の農園で作業

      2月16日(火)・3月8日(月)・3月15日(月)、利用者6名と職員2名で「あやべマルベリーファーム」の剪定枝の収集作業をしました。

     「あやべマルベリーファーム」は位田町にあり、NPO法人綾部ベンチャー・ものづくりの会が運営主体です。
     約2,200㎡の土地に20種類、約200本のマルベリーの木が植えられており、6月からの開園期間にはマルベリー摘みができます。
     ものづくりの会の方から説明を受け、大きな枝は両手に抱えて、小さな枝はビニール紐でまとめて一輪車で運び、無事作業を終えることができました。
     また、NPO法人綾部ベンチャー・ものづくりの会の皆様には、飲み物と暖のご用意をいただきました。心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。
     
  • 2021/03/02 インターネットのトラブルでお困りの障害のある方、ぜひご相談ください

      ワンクリック詐欺やウイルスなどによる不当請求、SNSの投稿から個人が特定されたことによる被害など、インターネットやスマートフォンが身近になったことで生じるトラブルが急増しています。

     「就労生活支援センターいかるが」では、“身に覚えのない請求が来て、どうしたらいいかわからない”、“自分の名前や画像がネットに公開されて困っている”など、インターネット上のトラブルのご相談を承っております。1人で悩まず、お気軽にご相談ください。
     障害のある方だけではなく、ご家族やご親族、ご近所の方でも相談は可能です。

    ■お問合せ先
    就労生活支援センターいかるが
    〒623-0031
    京都府綾部市味方町アミダジ11番地
    TEL(0773)40-1355
    FAX(0773)40-5390
  • 2021/03/01 時候の挨拶

     いかるがの郷では、ご来訪される方や利用者が季節を感じられるように、玄関に二十四節気の時候の挨拶を掲示しています。

     季節の花の開花時期に合わせて、綾部市のおすすめスポットを紹介したり、旬の食材などを紹介しておりますので、お時間がありましたら、ぜひご覧ください。

     

     

  • 2021/01/30 感染防止対策を徹底し、慎重に健康診断を実施しました

     1月27日(水)、いかるがの郷で健康診断を実施しました。

     利用者26名、職員15名が検診しました。新型コロナウィルス感染症対策のため同時に検診する人数を制限し、3密を避けるなど慎重に実施しました。

     今後も、利用者と職員の健康に留意しながら、運営に努めてまいります。

  • 2021/01/30 あなたの本、作りませんか?

     五感で引き立つあなたの思い。
     本づくりの編集から印刷・製本まで、本づくりをサポートします。

     ご自身で書き留められた、エッセイ・俳句・短歌・日記・思い出・体験記などを本にされませんか? 
     スマホとはひと味違う本のよさ。表紙や紙の色、紙の手ざわり、ページをめくる音、紙とインキのほのかなにおい、それらがあなたの思いを引き立てて、読む人に感動を与えます。
     あなたの本、つくってみませんか? ぜひ、ご相談ください。

     詳しくはこちら→asset/00032/jihisyuppan.pdf

  • 2021/01/29 ご存じですか? 綾部の逸品(いっぴん)

     綾部市内の障害のある人が働く事業所の製品・サービスをご紹介する「あやべの逸品」チラシを制作されました。綾部市内に合計4か所ある就労支援事業所で制作する製品・サービスを紹介するものです。

     新型コロナウイルス感染症の影響により、先行きの見えない経済情勢が続いており、様々な分野で大きな影響が出ているところです。障害者就労支援施設等においても例外ではなく、感染症対策などできる限りの対応をしているところですが、カフェや食品販売、メンテナンス、印刷・製本などの仕事の販売や受注の機会が減少しています。

     障害のある人もそれぞれの活躍できる場所で誇りをもって仕事をされており、素晴らしい商品やサービスがたくさんあります。これらをぜひご利用いただき、その品質をお確かめいただくとともに、働く障害のある人たちのことを多くの方に知っていただければ幸いです。

     詳しくはこちら→asset/00032/ippin.pdf


      

     

  • 2021/01/19 日常生活の困りごと、相談は「就労生活支援センターいかるが」へ

     「就労生活支援センターいかるが」では、障害のある人の生活上の様々な困りごと、お悩み、心配ごとに相談支援専門員がご相談に応じます。障害年金や障害者手帳、福祉サービスの利用、お仕事、衣・食・住・お金についてのお悩み、守秘義務により秘密は厳守されますので、お気軽にご相談ください。障害のある方だけではなく、ご家族やご親族、ご近所の方でも相談は可能です。
     常勤・専任の相談支援専門員2名体制で支援しています。医療的ケア児等コーディネーター養成研修および強度行動障害支援者養成研修(実践研修)ならびに精神障害者の障害特性およびこれに応じた支援技法等に関する研修を修了した相談支援専門員を配置しています。
    ■お問合せ先
    就労生活支援センターいかるが
    〒623-0031
    京都府綾部市味方町アミダジ11番地
    TEL(0773)40-1355
    FAX(0773)40-5390
    Email:sodan-ikaruga@citrus.ocn.ne.jp

  • 2021/01/19 透けない封筒印刷のご案内

     お客様の個人情報やプライバシーを守る中身の見えない封筒、「透けない封筒」の印刷を承っております。この 封筒は、封筒の内側を印刷加工し、内容物が外から見えないように加工しているものです。

     使用頻度の高い長形3号・長形40号・角形2号のほか、請求書などによく使用する窓付封筒、規格外封筒、特注封筒の製作・印刷も承ります。ご希望の方にはサンプルをお持ちいたします。お気軽にお問い合わせください。ぜひとも、ご用命賜りますようお願い申し上げます。

     詳しくはこちら→asset/00032/huutou.pdf


     

  • 2021/01/14 緊急事態宣言中の開所について 感染防止対策を徹底し、開所します

     時下、皆様方にはますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
     本日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、京都府全域に緊急事態宣言が発令されました。
     いかるがの郷および就労生活支援センターいかるがにつきましては、1月7日付厚生労働省障害福祉課通知(「利用者の方々その家族の生活を継続する観点から、十分な感染防止対策を前提として利用者に対して必要な各種サービスが継続的に提供されることが大切」)により、感染防止対策に取り組みながら、継続して開所いたします。
     サービスの提供につきましては、マスク着用・手指消毒・検温・健康観察票の記入・アクリル板設置により飛沫飛散の防止・換気の徹底・適切な距離の確保等に取り組みます。また、利用者に対しては、これらの取組についての助言をするなど感染防止対策に引き続き務めてまいります。
     皆様方には、必要に応じてご連絡・ご相談させていただくこともあろうかと思いますが、引き続きご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

    ■連絡先
    いかるがの郷
    TEL(0773)40-5388
    FAX(0773)40-5390
    就労生活支援センターいかるが
    TEL(0773)40-1355
    ※休日は転送により職員につながります
    FAX(0773)40-5390

  • 2021/01/06 坪内理事長 ごあいさつ 「活動的で実りある1年に」

     皆様方、新年あけましておめでとうございます。

     平素はNPO法人いかるがの郷の事業につきまして、ご理解、ご支援を頂きまして本当に有難うございます。

     昨年は新型コロナウィルスが、世界中に蔓延し8000万人もの感染が出ています。

     日本でも26万人の感染者、亡くなられた方も3500人となり、1年前には、このような1年になるとは、予想もつかない状況でした。この綾部でもいろいろな事業は中止や規模縮小となり、行動範囲が小さくなり自粛の寂しい1年となりました。

     私共、いかるがの郷でも感染防止を徹底し、不安な利用者には出来る限りの早めの対応を行ってきました。

     本年は、昨年と打って変わって活動的な実りある1年となり、皆様方も不安もなく以前の生活が戻ってくることを、心からお祈り申しあげます。

     本年も変わらぬご支援宜しくお願い致します。


     

  • 2020/12/17 請負作業を募集しています!

     いかるがの郷では、請負作業を募集しています。現在、印刷作業の他にポスティングチラシやダイレクトメールの封入封緘作業、発送代行作業、革製品加工作業などを承っています。

     これらの他に、ご要望に応じて会社など事業所に出向いての作業も積極的に受注しており、料亭の庭園清掃作業や府道のフラワーポット植替など請負作業にも取り組んでいます。

     「短い時間で、外注しにくい、社員には他にやってほしい仕事があって…」、そんなときはぜひ、お気軽にご相談ください。

     私たちは、障害のある人たちが生産活動の機会を通じて成長し、自立と社会経済活動に参加することをめざしています。